東大walker2020〜本郷地区編〜

2020.12.08 キャンパス紹介 Facebook Twitter Line

今回の特集記事は前回に引き続き、「東大 walker -2020-」です!
東大のキャンパスを歩いて、歩いて、歩いて、各キャンパスの魅力を紹介する、この企画。前回の駒場Ⅰキャンパスwalkでは「歩くだけだし、そんなに疲れないだろう」と思っていましたが、次の日に両足が筋肉痛になりました。(皆さんも散歩をする時にはご注意を。。。)

それでは、これから本郷キャンパスに向かいたいと思います!

注意1:今回紹介する施設の情報は取材当時のものです。実際に訪れる際にはHPなどで事前に確認をお願いします。
注意2:現在、入構する際には制限があります。各キャンパスを訪問する際には、事前にご確認ください。

正門

本郷キャンパス正門付近の銀杏並木

本郷地区は本郷郵便局に近い「正門」からスタートです!この門から北に直進する通りは銀杏並木になっており、11月ごろになると紅葉を楽しむことができます。例年であれば授業開始時間直前になるとこの正門の付近は混みあうのですが、オンライン授業が多いためか学生の姿はかなりまばらでした。(ちょっと寂しい...)

続いては、工学部エリアに向かいます!

工学部エリア

工学部一号館前の広場

ここは正門から左に進んだあたりにあるエリアで、工学部の各学科の建物が所狭しと並んでいます。さらにこのエリアには、有名なカフェやファーストフード店、ランチの移動販売があるので、昼食時に何を食べるのか迷ってしまうことがよくありました(笑)

他にも工学部一号館の前には大きな広場があるので、キャンパス内でちょっとしたピクニック気分を楽しむこともできます。取材時にも数人学生がいましたが、慌ただしいという雰囲気ではなかったので、友人とゆったりと過ごしたいという時に利用してみてはいかがでしょうか?

続いては海を渡りたいと思います!?

農学部エリア

本郷キャンパスと弥生キャンパスを繋ぐ陸橋

皆さんは、「本郷キャンパスから弥生キャンパスに直接移動することができる」ということをご存知でしょうか?その時に利用するのがこの「陸橋」です。工学部エリアと弥生キャンパスを繋いでおり、工学部の学生がこの橋を利用して農学部の生協食堂にいくこともあるとか。橋の真下には道路があり、農学部と工学部を隔てる「ドーバー海峡」と揶揄されています。

現在工事中の農学部一号館

さて、この橋を越えると農学部がある弥生キャンパスに行くことができるのですが、現在農学部一号館の改修工事中のため、ちょっと狭い感じになっていました。また以前東大ナビでも紹介した 「農学部資料館 」も現在は臨時休業中だそうです。この資料館では農学部の情報やハチ公の歴史も知ることができるので、興味のある方は時期が落ち着いてから立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

それでは次は安田講堂に向かいます!

安田講堂エリア

このエリアは本郷キャンパスの正門を直進したところにあるエリアで、東大のシンボルにもなっている安田講堂や、東大生協の中央食堂、購買部などがあります。ちなみに安田講堂は特別なイベント時のみ入ることができるので、普段は外から眺めることしかできません。(私は本郷キャンパスにくるまで知りませんでした...)

中央食堂は近年リニューアルが行われ、有名なオムライス料理店やカフェが併設されたため、昼食時には多くの学生や教職員が利用しています。昨年までは学科の友人とよく中央食堂でご飯を食べていたので、また時期を見つけて食べにいきたいなぁ。
(※今年の春から東大生協の施設は営業時間を大幅に変更したため、中央食堂や購買部などを利用する際には事前にHPなどでチェックしておいたほうが良さそうです。)

最後は本郷キャンパスを利用するときのアドバイスです。

キャンパスの一部封鎖(キャンパス北側:龍岡門周辺)

龍岡門に繋がる道路周辺が封鎖されている

本郷通り側の通り

新型コロナウイルスによる入構制限に伴って、キャンパス北側の龍岡門に繋がる道路がほぼ柵で隔離されています。これは東大病院とキャンパスを分離するための処置であり、数カ所の検問からのみ通行が可能です。そのため、キャンパスを東西方向に移動する際には、本郷通り側の通りを利用したほうが良さそうです。
(ちなみに本郷通り側には東大ナビで以前紹介した、東京大学コミュニケーションセンター(UTCC)や赤門があります。)

いかがでしたか?現在のキャンパスの様子を知ることができたでしょうか?もしも気になる場所があったら、キャンパスに来る時にぜひ足を運んでみてください!その時には皆さん自身でキャンパスの見所や自分だけのおすすめスポットを探してみると、よりキャンパスを好きになれるかもしれません!

それでは、皆さんも良いキャンパスライフを!

TOPへ戻る